写真家 高橋良行 ブログ 「アジアンワールド」

   

アジアンワールドは、フォトグラファーの高橋良行がカメラとお酒を片手に(笑)、世界中の子供達と遊びながら撮り続ける旅の記録...
詳しいプロフィールはこちらです。

メインサイトはこちらです!☆ たびびより アジアの写真が満載♪


☆yoshi自らが横浜中華街に旅カフェ&バル「ショートトリップ」をオープン致しました!毎日、旅話できます(^^♪
Short Tripブログ Short Trip ショートトリップ

【mixi】
「旅写真家−高橋良行」のコミュが出来ました。ぜひ参加して頂いて応援よろしくお願いします♪

【twitter】
ツイッターのプロフィール
フォローよろしくお願いします♪





<< はじまりました。 | main | ありがとうと、次のラダック写真展♪ >>
今までの人生で最高の日と言える日♪
         

2010年2月21日は、僕にとって間違いなく、今までの人生で最高の日となりました。一緒にいてくれたみんな、本当にありがとう!

写真展が始まって、フタをあけて見れば、最初の週末は土日を合わせてお客様が4人のみだった。何回か個展はやってきたけど、こんなに人が来ないのは初めて。かなりあせって、情報サイトや、いろんな所で告知をしたが、2週目もあまり集客は伸びず...

なんでだろう?
作品は今までで最高の物を出しているし、もちろん、展示の仕方や、販売物のチョイスだって、良くなっているのに。
でも、見てもらわなければ、意味がない...

イベントの予約の方も、あと2週間を切っているのに片手で数えられる程度でぜんぜん集まらない。貸切なのに、このままじゃお店に迷惑をかけてしまう。
ヤバイ、やば過ぎる...
今までの人生の中で初めて、みんなの携帯に告知のメールを送った。
一件、一件。心をこめて。

それを見ていた一緒にいる彼女も仲間を集めて、みんなで遊びに来てくれたり。
思いが伝わったのか、友達が友達を連れて来てくれるようになり。
少しずつ、少しずつ、来てくれる人も増えていった。

そして、いよいよトークライブの当日は、みんなのおかげで、僕の心配とは裏腹に、沢山の人たちが来てくれた。
無名な僕なんかのトークを、わざわざ聞きに来てくれたんだと思うと、マジで泣きそうになった。

         

         

トークとスライドショービデオが終わり、アコースティックの古谷さんのライブを聞きながら、今日は最高の日だったなぁと思いにしたっていると、お店にオーナーのチェリーさんから電話が来る。ある人を連れて行くからまだ皆を帰らせないでとの連絡だった。
その、ある人の名前を聞いたときに、僕の脳みその奥のほうで、アドレナリンが分泌されるのが分かった。数日前に別の場所で、一度紹介されて、写真展にも遊びに行くよって言われたが、サインをもらいながら社交辞令でも嬉しいなって思っていたのに。

数分後、僕のトークイベントに、
彼は本当にやって来た。






作家、ラジオのDJ、俳優など、様々なメディアで活躍するこの人


ロバートハリスさん



5年程前に高橋歩さんの本の中で、紹介されていた著書を読んでみたら、すぐにはまってしまい。立て続けに彼の本を読みあさった。
当時一緒にいたやつに、ロバートハリスの本ヤバイよ!彼みたいな、もの凄い人生は歩めないかもしれないけど、彼みたいに、カッコいい男になりたいって、言ってたのを思い出した。

挨拶を交わして、まず写真を見せてと言うので、もちろんと答えると、彼は人込みの中で真剣に僕の写真を見ていた。一枚、一枚ゆっくりと。
その姿を見ているだけで、胸が熱くなった。

「写真、いいじゃん」

戻ってきたハリスさんが言う。そして、

「少し、やろうか。」

「...んっ、何を? お酒を引っ掛けるって事かな???」

「それとも、ハリスさん得意のバックギャモンとか?」

そんな風に考えていると、

「トークしようよ」って言っている。

トークって,
今してるじゃないですか〜。
今更何を言ってるんですかハリスさん。

「んっ...ん......... トーク..... to-kuって...」



少し、気がトークなった(笑)

        

それからの事は、正直ぜんぜん覚えてない。
多分、皆の前でセッションしたのは10分位だったのかな?

初めて写真家を目指した時に、もろに影響を受けて、憧れをとおり越して、カリスマ的存在になっていた人が、自分のイベントで一緒に喋っている。

マジやばっ! マジでやばい〜〜〜ぃっ!!!

そんな事を考える暇もなく、マジで気を失っていたのかも(笑)

そしてトークが終わり、「良かったよ」って皆が言ってくれて、
すんごく嬉しくて、すんごく幸せで、ずっとみんなで喋っていて笑いが絶えなくて、宙に浮いているようだった。

んま、細かい事はほとんど覚えていないけど(苦笑)


写真展が終わり丸三日たった今でも、まだ興奮冷めやらぬ状態です。
ホント、来てくれたみんな、ありがとう。
今回これなくても、メールとかで励ましてくれたみんな、ありがとう。
ハリスさん、チェリーさん、お店のスタッフの方々、ありがとう。
僕の周りの手伝ってくれた愛する人たち、ありがとう。
こんなに幸せで、感謝の気持ちでいっぱいになったのは初めてです。

そして皆への、ありがとうを忘れずに、
もっと、もっと頑張って行きたいと思います。
みんな、これからも、よろしくね♪

では、もう少し、今日も人生最高の日のよいんを味わいながら、
おやすみなさい。
...味わい過ぎか?もう三日経ってるし(苦笑)



それと26日は、いよいよクロージングパーティーです!
みなさん楽しく、お酒を飲みまっしょい♪
飲めない方も、きっと楽しめるはず。
いっぱい語りましょうね!
http://tabibiyori.com/koten4
※予約制ではないですが、人数把握の為、連絡頂けると助かります!


☆ロバートハリスさんのブログ☆
http://robertharris.jugem.jp/
| tabibiyori | - | comments(9) | - |
yujin (2010/02/25 12:51 AM)
よし君の活躍をこーやって、インターネットを通じてみているのが本当に不思議です。

今、僕の家には昔々よし君に撮ってもらったレールでのボードスライドの写真がヨレヨレになりながら飾ってあります。一番輝いていた頃のように思います。でも、実は今の方が輝いていたりもするのです。

それぐらい、宝物の写真です。でも、ヨレヨレです。

今では、息子が2人。わいわい楽しいファミリーです。僕も相変わらず、酒にどっぷりです。
そして、スケートもボチボチがんばっています。

次によし君に会う時は、パシャパシャ撮りたくなるような、やばいトリックができるようになっていたい今日この頃です。

酔っ払ってメールしてしまいました。
伊勢のゆうじんより。湘南へ。
さおり (2010/02/25 1:28 AM)
わーすごいですね!
読んでてドキドキしました。
shiho (2010/02/25 10:06 AM)
お久しぶりです★

お元気そう&順調そうですね!★

ハリスさんのブログのトップの写真、私が撮ったんですよ〜ぷぷ♪

1年後、日本でまた会いましょう!

楽しみ楽しみ♪xxx

shiho

ハマー (2010/02/26 10:03 AM)
おひさ〜。スゴイじゃん!ロバートハリスさん来てくれるなんて!
興味ある人と繋がって楽しそうだなー。
3月のラダックのトークも面白そう。
俺もラダック行ったし、山本さんのブログ読んでたよ。いつ帰るか分かんないけど帰ったら面白い事やりたいね。
pukapuka (2010/02/26 11:45 AM)
素敵な仲間と素敵な時間本当に最高ですね。
今日も素敵な一日でありますように
渡り蟹 (2010/02/27 1:00 PM)
yoshiさん、お久しぶりです!
トークライブ、とっても行きたかったのですが体調を崩しており行けませんでした。
私にとっても憧れのロバートハリスさんとのトークライブ!!ぜひ見たかったです。

これからもずっと応援しています。
yoshi (2010/03/02 8:50 PM)
>yujin
おひさぁ〜!!
凄い久しぶりだね。
元気そうでなによりです。
また、伊勢に帰った時にはよろしく。
スケートじゃなく、家族を撮らせてね(笑)


>さおりさん
こんばんは。
あの中で、一番ドキドキしていたのは、
間違いなく、僕だと思います(苦笑)


>shihoちゃん
ブログの写真は知ってたよ。
でも、何でだろう?覚えてない。。。
日本に帰って来たら、また遊ぼうね〜♪


>ハマー君
山本さんって、「手のひらの中のアジア」のヒロシ君の事かなぁ?
帰って来たらマジなんかやろう!
って、そのペースでいくと、
あと何年かかる?


>pukapukaさん
ありがとです。
ホント素敵な一日でした!
pukapukaさんも、素敵な日でありますように。


>渡り蟹さん
ども、お久しぶりです!
応援ありがとうございます。
また、次の機会にはお願いします。
ハリスさんを、呼ぶのは難しいけど(笑)
ハマー (2010/03/05 12:51 AM)
>>山本さんって、「手のひらの中のアジア」のヒロシ君の事かなぁ?
いや、Days in Ladakhの山本高樹さんのほうだよ。
>>あと何年かかる?
う〜ん...(笑)
reisemama (2010/05/01 12:46 AM)
コメントおそ!
ですが、本当に素敵です。
2週間ほど前から、私が通っているドイツ語クラスの人達が各自自分の国について紹介するというのがあるのですが、行ったことのある国は親近感がわいて覚えてる現地語を言ってみたり、知らない国については新鮮でメディアからはない情報が聞けたりととても楽しです。
よしさんは自分の目で見て感じるものをそのまま写真に載せてる。写真を見てるとよしさんの目線や気持ちが伝わってきますよね。
交流関係が広がっていくのも人柄でてますね〜